ここから本文です

南野がブンデス挑戦?ボルシアMGがリオ五輪代表エースに興味か

ゲキサカ 7月4日(月)15時23分配信

 ブンデスリーガのボルシアMGが、ザルツブルクに所属するリオデジャネイロ五輪代表のFW南野拓実(21)に興味を示しているようだ。『ビルト』など複数ドイツメディアが報じている。

 南野は昨年1月にセレッソ大阪からザルツブルクに移籍。14-15シーズンはリーグ戦14試合で3ゴール3アシストを記録し、15-16シーズンは32試合で10ゴール3アシストを記録し、チームの3年連続10回目のリーグ制覇に大きく貢献した。また、昨年10月にA代表に初招集され、デビューも飾り、今月1日にはリオデジャネイロ五輪に臨むU-23日本代表にも選出されている。

 ボルシアMGは、15-16シーズンのブンデスリーガで4位に終わり、16-17シーズンのチャンピオンズリーグ出場をかけてプレーオフを戦う。同紙によると、ボルシアMGは前線の強化を目指しているようで、ザルツブルクとの契約があと2年残っている南野の市場価値は約300万ユーロ(3億4200万円)とみられている。

 3日には同じく五輪代表のFW浅野拓磨(広島)がアーセナルに移籍することが発表された。南野も、ステップアップの場を求めて、ブンデスリーガ初挑戦となるのだろうか。

最終更新:7月4日(月)21時30分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]