ここから本文です

ドイツ、W杯に続く“連覇”に試練…M・ゴメスが残り欠場、ケディラ&シュバイニーも負傷

ゲキサカ 7月4日(月)15時46分配信

 2014年ブラジルW杯に続く、EURO制覇を目指すドイツ代表にとって試練の準決勝となりそうだ。ドイツサッカー連盟は3日、FWマリオ・ゴメスが負傷によりEURO2016の残りの試合を欠場することを発表した。

 ゴメスは2日に行われた準々決勝・イタリア代表戦で右足太ももの筋肉を負傷していた。また、7日の準決勝・フランス戦に向けては、左内転筋を痛めているMFサミ・ケディラと、右膝靭帯を傷めているMFバスティアン・シュバインシュタイガーの出場も微妙となっている。さらにDFマッツ・フンメルスが累積警告で出場停止することも決まっている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)によると、ヨアヒム・レーブ監督は、「ゴメスは今回のEUROで素晴らしいパフォーマンスを披露し、ゴール以外でもチームに貢献してきた」と嘆き、「我々はこの新しい状況を受け入れ、解決策を見つけなければならない。だが、きっと見つけるよ。このチームは才能にあふれており、私はどの選手にも信頼を置いている」と負傷者続出も前を向いた。

 ドイツ対フランスの準決勝は日本時間8日の午前4時キックオフを予定している。ドイツはこの状況を乗り越え、決勝戦に駒を進めることができるだろうか。

最終更新:7月4日(月)15時47分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]