ここから本文です

5000個のカンで作られた実車サイズのジープ

carview! 7月4日(月)16時13分配信

FCAカナダは7月1日、カナダの建国記念日とジープの75周年を祝福してカンで製作した実車サイズの「ジープ ラングラー」を披露した。カンの中には食料約3500食分が入っており、フードバンク(食料銀行)に寄付される。

【クライスラー ラングラーの写真をもっと見る】

カンで製作されたジープは、地元の12歳から18歳の生徒およびボーイスカウトによって作られた。学生たちのSTEM教育(科学、技術、工学、数学)および社会奉仕教育の一環として行われた。各学校などで下準備をしておき、6月30日に会場で12時間かけて組み上げられた。

プロジェクトは、世界的に活動しているNPO法人「カンストラクション」とのコラボレーションで行われた。同プロジェクトには食料寄付のほか、生徒たちの飢餓問題に対する関心を高める狙いもある。FCAは2015年にも同様のプロジェクトを実施した。

バンクーバーで開催されるセレモニーは、朝10時から夜6時まで開催された。パレードや花火などの催し物も開催され、数十万人の来場者で賑わったという。

株式会社カービュー

最終更新:7月5日(火)11時6分

carview!