ここから本文です

元オタサーの姫が意識低めの食事をかっこむ残念グルメ「ヒメの惰飯」1巻

コミックナタリー 7月5日(火)0時15分配信

二階堂幸「ヒメの惰飯(ダめし)」の単行本1巻が、本日7月4日に発売された。

「ヒメの惰飯」の主人公・姫川基子は、デザイン会社に勤める27歳のOL。大学のオタク系サークルで男子からチヤホヤされていたのも今は昔、現在は意識の高い同僚となかなか馴染めず、色気のない日々を過ごすばかり。そんな彼女が袋麺を鍋から直食いしたり、ご飯に肉と卵を存分にかけてかきこんだり、深夜にコンビニのフライドチキンとハンバーガーとコーラを貪ったりと、怠惰な食事を楽しむ姿を描く。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ヒメの惰飯」はKADOKAWAのWebマンガサイト・ヤングエースUPにて連載されており、同サイトでは1巻の続きから本編が楽しめる。また単行本には描き下ろしが20ページ以上収められた。

発売を記念しとらのあな、メロンブックス、COMIC ZINではイラストカードを、ゲーマーズでは4ページのブックレットを購入特典として用意している。配布状況の詳細は購入予定の店舗にて確認を。

最終更新:7月5日(火)0時15分

コミックナタリー