ここから本文です

鈴鹿8耐:公開合同テストがスタート。初日はヨシムラがトップタイム

オートスポーツweb 7月5日(火)11時59分配信

 鈴鹿8耐の公開合同テストが7月4日から3日間の予定で始まった。

 初日の走行は昼の12時から開始。朝から蒸し暑い一日となったが、途中で小雨に見舞われたり、ナイトセッションも行なわれるなど、まるで8耐本番を思わせるテスト初日。8耐にエントリーしている70チームのうち59チームが集結した。

SatuHATI. Honda Team Asiaから今回のテストに参加した中上貴晶

 テストではTeam GREENに加わったレオン・ハスラム、YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEに加入した芳賀紀行、暫定エントリーリストにはないもののSatuHATI. Honda Team Asiaから今回のテストに参加した中上貴晶らが注目を集めた。

 初日のトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE。夜間走行で2分7秒470のタイムでこの日のリーダーボードのトップに立った。YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEは昼間の走行でも2分8秒830でトップタイムをマーク。順調な仕上がり具合をアピールした。

 昨年の優勝チームであるYAMAHA FACTORY RACING TEAMは今回のテストは不参加。MuSASHi RT HARC-PRO.は高橋巧がひとりで走行。初日をトップタイムで終了したYOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEもジョシュ・ブルックスは不参加で津田拓也と芳賀紀行のふたりで走行と、各チーム共はまだまだ調整段階の様相だった。

■初日リザルト
Pos./No./Team/Time
1/12/YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE/2’08.830
2/103/TOHO Racing/2’08.996
3/017/Team KAGAYAMA/2’09.224
4/012/YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE/2’09.333
5/634/MuSASHi RT ハルク・プロ/2’09.987
6/087/Team GREEN/2’10.128
7/87/Team GREEN/2’10.442
8/104/TOHO Racing/2’10.508
9/17/Team KAGAYAMA/2’10.513
10/32/Moto Map SUPPLY/2’10.892


[オートスポーツweb 2016年07月05日]

最終更新:7月5日(火)12時10分

オートスポーツweb