ここから本文です

台湾証券取引所、新会長就任 「6大原則」打ち出し改革へ

中央社フォーカス台湾 7月5日(火)14時25分配信

(台北 5日 中央社)台湾証券取引所は1日、新たな董事長(会長)と総経理(社長)が就任した。施俊吉・新会長は、商品の優良化や安定したプラットフォームの構築、金融市場が果たす役割の高度化などを図り、多くの人々をひきつけられる場にしたいと意気込みを語った。

施会長は、「6大原則」を発表。▽金融監督管理委員会による監督・指導の受け入れ▽国際化▽優良企業の上場推進▽不要な規制の緩和▽多元的な商品の開発▽海外の取引所との結びつき強化などを柱に改革を進める考えを示した。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月5日(火)14時25分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。