ここから本文です

【NFL】崖っぷちの元ドラ1CBクレイボーン、「高い目標を全て達成する」

NFL JAPAN 7月5日(火)14時27分配信

 2012年にダラス・カウボーイズにドラフト全体6位で指名されてから4年。コーナーバック(CB)モリス・クレイボーンのキャリアは期待どおりにいかなかった。

 1年目こそ15試合に先発して43タックル、1INT、8パスディフェンスを挙げるなどの活躍を見せたクレイボーンだが、翌年からの2シーズンは故障が頻発し、合計で10試合の先発のみ。2015年も同僚CBオーランド・スキャンドリックがシーズン絶望の重傷を負ったことでチャンスが巡ってきたが、迫力に欠けるパフォーマンスに終始した。

 それでもクレイボーンは地元紙『フォートワース・スター・テレグラム』に対し、「仕事の準備は整えているし、コーチたちが自分に大きな期待を寄せているのも分かっている。自分も自分に期待しているんだ」とコメント。「今年はいくつかの高い目標を設定している。その全てを達成してみせるつもりだ」と語っている。

 問題はクレイボーンがリーグトップレベルのCBのようなフィジカル能力を持っているかどうか。フリーエージェント市場では、1年300万ドル(約3億1,000万円)でカウボーイズに出戻ったように、信頼を失っている事実がすでに露呈済みだ。

 一方で体の状態はルーキー時代以降では最高のクレイボーン。4年間で24試合も欠場した事実以上の価値を証明したいところであり、2016年シーズンがキャリアを続けるうえで重大な、そしておそらく最後のチャンスであろうことは本人も承知している。

「必要なのは自分がやれるという証明だけ。その機会は起こるべくして起こるものだと感じている。突き進んでやるさ」

<ダラス・カウボーイズ>

最終更新:7月5日(火)14時27分

NFL JAPAN