ここから本文です

<テレビ朝日>高島礼子の主演連ドラは予定通り放送へ

まんたんウェブ 7月5日(火)14時20分配信

 女優の高島礼子さんが主演を務める連続ドラマ「女たちの特捜最前線」について、テレビ朝日は5日の定例会見で予定通り21日から放送することを改めて明言した。夫で元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)容疑などで現行犯逮捕されたことを受け、同局の判断が注目されていた。

【写真】松本人志、高島礼子ドラマで「麻薬テーマに…」

 亀山慶二常務は「現時点で放送は予定している。撮影スケジュールは従来通り」と明かし、「スポンサーに関しては問題ない」とコメント。高島さんの降板については「そういう形は一つも考えていません」と明かし、一部ストーリーを変更するなどの対応はあるかとの質問には「そういう話は聞いておりません」と述べた。

 また、6月30日に高島さんが開いた会見について、角南源五社長は「立派な会見だったと思う。真摯にお答えもされている。その一言に尽きると思います。そうした中で、仕事は仕事で、ドラマの撮影をきちんとされている」と語った。

 「女たちの特捜最前線」は、昨年12月に同局系「土曜ワイド劇場」で放送された2時間ドラマを木曜ミステリー(木曜午後8時)枠で連続ドラマ化。高島さんはのぞき見が趣味でうわさ好き、地獄耳という総務課の警察官・室町京子を演じており、宮崎美子さん、高畑淳子さんとともに、捜査本部の後方にいる熟女トリオとして、“井戸端おしゃべり捜査会議”をしながら真犯人を暴いていく……という内容。高島さんが警察官役を演じることもあり、放送中止も危惧された。

最終更新:7月5日(火)14時54分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。