ここから本文です

【USJ】“やり過ぎ”ゲーム&フードで15周年“やり過ぎ”の夏を大満喫!

cinemacafe.net 7月5日(火)13時0分配信

15周年イベントを開催中のユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは“15周年・やり過ぎの夏”と題して、夏のスペシャルイベントもスタート。ゲストとエンターテイナーが盛大に水をかけあう「ウォーター・リ・ボーン・パーティ」など夏のエンターテイメントが続々と登場しているが、パークをもっと満喫できる“やり過ぎ”ゲームやフードも見逃せない。

【写真】「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・マーケット」様子

ラグーン・デッキ周辺にある「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・マーケット」には、夏限定の“やり過ぎ”ゲームやフードが登場。ラグーン沿いの特設エリアに設置した、4種類の的を水で勢いよく射抜く「ウォーター・バズーカ・ゲーム」は、「“やり過ぎ”ゲームセット」(¥1,000)を購入するとチャレンジできる。コカ・コーラ ネームボトル(15周年限定パークオリジナル・パッケージ)を購入すると、巨大なウォーター・バズーカを使って3回まで撃つことがOKで、的に向かってブッ放せばたとえ当たらなくても気分スッキリだ。そのネームボトルには好みの日付と名前が刻め、ゲームに当たればプラス1本プレゼントだそう。

また、同マーケットには、「やり過ぎフラッペ!」も新たに登場。レギュラーサイズの「ゼリー・フラッペ」(¥600)を購入後、ショップの前にあるルーレットを回して当たれば、そのフラッペが超ビッグサイズに。その重量は、およそ3キロ! そのほかコーラに漬けて焼き上げた夏限定のスペシャル・チキン「コーラチキン・セット」(¥880)なども人気だ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、“RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。”をテーマに、3月18日に開業15周年イベントをスタート。

この“15周年・やり過ぎの夏”ではパーク史上最大量の水をかけあう「ウォーター・リ・ボーン・パーティ」をはじめ、週刊少年ジャンプ(集英社)と大々的にコラボレーションした「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」、根強い人気を誇る“リアル”な妖怪体験をパーク全体で満喫できる「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」なども同時に開幕。パークの“やり過ぎ”の夏休みを、期間限定“やり過ぎ”ゲームやフードでも大満喫して。

(C) & (R) Universal Studios. All rights reserved.

協力:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

最終更新:7月5日(火)13時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。