ここから本文です

ケニー・ギャレットが新作『ドゥ・ユア・ダンス!』を携えて8月に来日公演を開催

CDジャーナル 7月5日(火)18時19分配信

 米「ニューヨーク・タイムズ」誌が“チャーリー・パーカー以降に登場した、最も重要なサックス奏者のひとり”と称賛するケニー・ギャレット(Kenny Garrett)が7月7日(木)にニュー・アルバム『ドゥ・ユア・ダンス!』(KKE-057 2,315円 + 税)をリリース。同作を携えて、8月23日(火)~24日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、26日(金)~27日(土)東京・丸の内 COTTON CLUBにて来日公演も決定しました。

 ワン&オンリーの音色とスピリチュアルなプレイで圧倒的な存在感を放つギャレット。新作『ドゥ・ユア・ダンス!』はジャズの歴史と世界の音楽を飲み込むヒップなグルーヴが満載のスピリチュアル・ジャズ・ダンス・ナンバー集。ライヴで踊り楽しむオーディエンスにインスパイアされたという本作には、「他人がどんなスタイルで踊っていても、自分の思うように踊ろう!」というメッセージが込められています。

 マイルス・デイヴィスと旅したグアドゥループの思い出や、数々のツアーで旅した土地の音楽に強烈なインパクトを受け、研究、吸収したギャレットならではの色彩豊かなこのアルバムを携えた来日公演。1983年から共演するルディ・バード(per)らレコーディング・メンバーとともに息のあった演奏を披露してくれそうです。

最終更新:7月5日(火)18時19分

CDジャーナル