ここから本文です

ディズニー『ジャングル・ブック』宮沢りえ&松本幸四郎らの吹き替え予告編!

シネマトゥデイ 7月5日(火)10時0分配信

 ディズニーが贈る実写映画『ジャングル・ブック』から日本語版吹き替え予告編が公開され、松本幸四郎、西田敏行、宮沢りえ、伊勢谷友介といった日本を代表する一流俳優が命を吹き込んだ動物たちの声が披露された。

映画『ジャングル・ブック』日本語吹き替え予告

 人間モーグリ以外、動物も大自然も全てCGということで話題の本作。ジャングルで黒ヒョウとオオカミに育てられた少年モーグリが、一匹のトラとの出会いを通して壮大な冒険に身を投じる様子を描く。

 ハリウッド版ではベン・キングズレー、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンなどの大スターが動物たちの声を演じていたが、日本語版もそれに劣らない豪華キャストが集結。黒ヒョウのバギーラを松本、クマのバルーを西田、母親オオカミのラクシャを宮沢、トラのシア・カーンを伊勢谷が担当している。

 この度公開された予告編では、松本と宮沢が主人公の少年モーグリを大きな愛で包み込むかのような温かな声を披露しているのに対し、ジャングルの頂点に君臨し、モーグリに強い憎しみを抱くトラのシア・カーン役の伊勢谷は荒々しい声を吹き込んでいるのが印象的だ。また、西田が担当したのは、モーグリの一番の友達で歌が大好きなクマのバルーということで、陽気な歌声もお披露目している。(編集部・石神恵美子)

映画『ジャングル・ブック』は8月11日より全国公開

最終更新:7月5日(火)10時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。