ここから本文です

保護されていた交雑種のウミガメ、大海原に/台湾・宜蘭県

中央社フォーカス台湾 7月5日(火)16時52分配信

(宜蘭 5日 中央社)今年4月に誤って漁網に捕まり、宜蘭県内にある行政院海岸巡防署の施設で保護されていたメスのウミガメが4日、自然に返された。保護された当初は弱った状態だったが、獣医や台湾海洋大学のチームなどによる熱心な看護で元気を取り戻し、検査の結果、野生へ返すことが認められた。

このウミガメはアカウミガメとタイマイの交雑種とみられ、アジア地域で交雑種のウミガメが発見されるのは2カ国目。台湾では初めてで、希少な品種とされる。

宜蘭県政府はウミガメの保護や看護に協力した関係各所に感謝を示した。

(沈如峰/編集:名切千絵)

最終更新:7月5日(火)16時52分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。