ここから本文です

台風1号:沖縄・先島諸島が7日夜遅くにも暴風域の恐れ 本島にも影響

沖縄タイムス 7/5(火) 11:48配信

 沖縄気象台によると、台風1号は5日午前9時現在、フィリピンの東の海上にあり、勢力を強めながら時速30キロで西北西に進んでいる。沖縄地方には6日から台風の影響が出始め、先島諸島は7日夜遅くにも暴風域に入る恐れがある。
 沿岸の海域では、本島地方と宮古島地方で6日夕方、大東島地方では6日夜のはじめ頃、石垣島地方では6日夜遅くから、うねりを伴い次第に波が高まる恐れがある。
 6日に予想される波の高さは本島地方、大東島地方、宮古島地方で3メートル、石垣島地方で2.5メートル。
 台風1号は5日午前9時現在、中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から90キロで25メートル以上の暴風域、中心の北東側330キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。(沖縄タイムス+プラス)

最終更新:7/6(水) 12:15

沖縄タイムス