ここから本文です

【特集】和風伝奇SLG『一血卍傑』声優インタビュー第3弾:東城日沙子、福山潤、梶裕貴

インサイド 7月5日(火)19時41分配信

RejetとDMM.com OVERRIDEのタッグにより生み出される、和風伝奇シミュレーション『一血卍傑』。昨年発表された本作は、壮大な設定や個性溢れるキャラクターたちなどが話題を呼び、多くのユーザーから注目を集めました。

【関連画像】

そして今年の6月30日に、いよいよ事前登録がスタート。7月末に予定しているサービスインに向け、本格始動を開始しています。そんな本作の印象や登場キャラクターの魅力を、担当した声優陣に語っていただくインタビューが早くも3回目に。今回は、東城日沙子さん、福山潤さん、そして梶裕貴さんにお話を伺います。

◆アマテラス役:東城日沙子さん インタビュー
──自分が演じられたキャラクターの印象と、どのようなキャラクターだったかを教えていただけますでしょうか。


東城さん:アマテラスを初めて見た時は、可愛くて温厚そうな女の子という印象だったのですが、手のかかるきょうだいに耐えかねて、天岩戸に篭ってしまったという苦労性と引きこもり属性を併せ持った神様でした。基本は社交的な顔とおふとん大好きな顔、そしてきょうだいたちに見せる顔がどれも異なっていて、ころころ表情が変わるところがとても愛らしいです。

──アニメや映画の吹き替え収録と比べて、ブラウザゲームである本作の収録はどうでしたか。

東城さん:オンラインゲームは吹き替え収録と比べて個別での収録になるので、すべて自分で想像して処理していかなければならないところが難しいです。と言いつつ、ディレクターさんやスタッフさんたちに修正して頂きつつ、時間をかけて丁寧に収録させて頂きました。

──演じる上で意識したことや気をつけたことはありますか。

東城さん:最初にイメージしていたアマテラスは、引きこもっていた事からネガティブな部分が残っているのかなと思っていましたが、もともとの社交性がベースになっているということで、暗くなりすぎないように意識しました。

──楽しみにしているファンに向けてメッセージ兼ご自身のキャラクターのアピールをお願いいたします。

東城さん:討伐開始を心待ちにしている方が多いこの作品で、神代八傑という大切な役を担わせて頂けて、嬉しさとプレッシャーでいっぱいです。純真で世話焼きだけど、閉鎖的な空間が大好きなアマテラスは、オンラインゲームを楽しむ環境にはぴったりなんじゃないかなと思います。なのでぜひ、アマテラスをお傍においてあげて下さい。あんまり構ってくれないと、寂しがっちゃいますけどね!

◆アベノセイメイ役:福山潤さん インタビュー
──自分が演じられたキャラクターの印象と、どのようなキャラクターだったかを教えていただけますでしょうか。


福山さん:アベノセイメイという事で、勉強せずとも有名なモチーフでしたから、大変イメージを持ちやすかったです。耽美かつ妖艶な印象が強いビジュアルでしたので、あまりそちらに引っ張られすぎないようにしつついいラインを模索いたしました。

──アニメや映画の吹き替え収録と比べて、ブラウザゲームである本作の収録はどうでしたか。

福山さん:相手との掛け合いや、人物たちの空間的な動体演出が無い分、イメージがより必要になりますね。

──演じる上で意識したことや気をつけたことはありますか。

福山さん:ビジュアルがかなり美麗な印象を受けましたのでその見た目から外れないようにイメージする事に注視しました。

──楽しみにしているファンに向けてメッセージ兼ご自身のキャラクターのアピールをお願いいたします。

福山さん:大変、美麗かつ楽しい人物になったと思いますので、プレイの際にはガンガンに鍛えて遊んで頂けましたら幸いです!

◆ミチザネ役:梶裕貴さん インタビュー
──自分が演じられたキャラクターの印象と、どのようなキャラクターだったかを教えていただけますでしょうか。


梶さん:祟り神や天神など、様々な呼び名のある偉大な神様ということもあり、基本的にはあまり感情を表に出さず、どこか達観した異質な空気感が出せればなと思い演じさせていただきました。ただし、親密度が上がれば上がるほど態度は軟化し、徐々にデレてきます(笑)たまには冗談も言うようになるキャラクターなので、そのギャップも楽しんでいただけるのかなと思います。梅酒が大好きな人なので、仲良くなると酔った姿も見られますよ!(笑)一言で言うと、「人知を超えたツンデレ」ですかね(笑)。

──アニメや映画の吹き替え収録と比べて、ブラウザゲームである本作の収録はどうでしたか。

梶さん:ゲームは基本的に一人での収録なので、話し相手のテンションやテンポを想像しながらお芝居をする点が、難しくもあり面白い所なのかなと思います。

──演じる上で意識したことや気をつけたことはありますか。

梶さん:クールで寡黙な雰囲気を醸し出しつつも、実はどこか抜けているユーモアも持っている彼のギャップを上手く表現出来ればと思い演じさせていただきました。

──楽しみにしているファンに向けてメッセージ兼ご自身のキャラクターのアピールをお願いいたします。

梶さん:一緒にいて安心するキャラクターだと思います。クールな印象と同時に、ゆったりまったりした独特なテンポを持つ彼を、ぜひ大切にしてあげてください。よろしくお願いします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
Published by(C) DMM GAMES
(C)DMM.com OVERRIDE / Rejet

最終更新:7月5日(火)19時41分

インサイド