ここから本文です

NMB48渡辺美優紀、卒業コンサートでソロ曲「夢の名残り」初披露

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月5日(火)16時54分配信

2010年のデビュー以来、NMB48の1期生として活動してきた渡辺美優紀の卒業コンサート『NMB48 渡辺美優紀 卒業コンサート 最後までわるきーでごめんなさい』が、7月3・4日の両日にわたり、のべ12,000人を動員して神戸・ワールド記念ホールにて開催された。

【詳細】他の写真はこちら

渡辺美優紀は、NMB48が結成されてから、キャプテン山本彩とともにつねに先頭に立ってグループを引っ張ってきた存在。NMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」では、センターを務め、最新シングル「僕はいない」(8月3日発売)でもセンターを務めている。

また、公演では「僕はいない」のカップリング曲として収録される「今ならば」を初披露。この曲は、山本彩が作曲し渡辺美優紀に贈った曲で、秋元康総合プロデューサーが作詞した曲だ。

また、同じくカップリングとして収録される、渡辺美優紀の卒業ソングとしてのソロ曲「夢の名残り」も初披露された。

アンコール明けでは、AKB48に移籍した小笠原茉由、卒業生の山田菜々、近藤里奈、山岸奈津美、門脇佳奈子、三秋里歩も登場。渡辺美優紀を送り出した。

(C)NMB48

リリース情報
2016.08.03 ON SALE
SINGLE「僕はいない」

NMB48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nmb48.com/

最終更新:7月5日(火)16時54分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。