ここから本文です

桐谷健太1stアルバムの発売決定、「海の声」や作詞手がけた新曲など全6曲

映画ナタリー 7月5日(火)4時0分配信

俳優・歌手の桐谷健太が、1stアルバム「香音-KANON-」を9月28日にリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アルバムは全6曲入り。桐谷が浦島太郎役で出演するauのCMで使用された「海の声」が初CD化されるほか、2013年に主演したテレビドラマ「Y・O・U やまびこ音楽同好会」から生まれ、“河野勇作(桐谷健太)×THEイナズマ戦隊”名義でリリースされた「喜びの歌」「君の旅路に桜が笑う」、さらに桐谷が初めて作詞を手がけた新曲が収録される。

アルバムの発売に寄せ、桐谷は「どんなアルバムになるか、自分でも凄く楽しみにしている作品でもあります。本当に最高の作品にしたいと思っているので、アルバムが完成したらぜひ多くの皆さんに聴いていただけたら嬉しいと思います」と述べている。なお現在公開中の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」では、桐谷は地獄のロックバンド“地獄図”のドラマーに扮している。

桐谷健太 コメント
この度、初めてのアルバムCDをリリースする事になりました。「海の声」が収録されていたり、河野勇作(かわのゆうさく※ドラマの役名)で歌った曲も入っています。そして僕が初めて歌詞を書いた歌も入っています。どんなアルバムになるか、自分でも凄く楽しみにしている作品でもあります。本当に最高の作品にしたいと思っているので、アルバムが完成したらぜひ多くの皆さんに聴いていただけたら嬉しいと思います。

最終更新:7月5日(火)4時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。