ここから本文です

上原打たれ降板 中継ぎ起用法に疑問の声も…「打たれたら自分のせい」

東スポWeb 7月5日(火)11時21分配信

【マサチューセッツ州ボストン発】レッドソックスの上原浩治投手(41)は4日(日本時間5日)、レンジャーズ戦で9―4の8回に3番手で登板し、1/3回を1本塁打を含む2安打1失点だった。チームは12―5で勝った。連日のデーゲーム登板で結果を残したい上原だったが、先頭のオドルに左越え本塁打、続くプロファーは二ゴロ、8番アンドルスに10球粘られた末に左中間へ二塁打を打たれ、降板を告げられた。上原は「あれ以上打たれて点差が縮まったらチームが危ないので仕方がないです」と振り返った。

 一方、ファレル監督の中継ぎ投手の起用法には地元メディアも首をひねっている。指揮官は「プロテクトしていく」と話している上原を“酷使”。この8日間で5試合、おまけに2日連続で5点リードの8回に登板させている。ベテラン右腕は「打たれたら自分のせい。やるべきことをやって、準備だけしっかりしていけばいい」と自分に言い聞かせるように話した。

最終更新:7月5日(火)11時41分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]