ここから本文です

イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督が死去 スコセッシが追悼

映画.com 7月5日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督が、がんの治療のために滞在していた仏パリで死去した。享年76歳だった。

 米ハリウッド・レポーター誌によれば、イランの地元紙が7月4日(現地時間)に訃報を報じたという。キアロスタミ監督は今年初めにイランで手術を受けており、先週、治療のため渡仏したようだ。

 テヘラン生まれのキアロスタミ監督は、1960年代のイラン映画のニューウェーブをけん引。87年の監督作「友だちのうちはどこ?」で国際的に注目を集め、97年の「桜桃の味」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝く。「風が吹くまま」(99)ではベネチア国際映画祭の審査員グランプリを受賞。初めて母国を離れイタリアで製作した「トスカーナの贋作」(10)では、主演の仏女優ジュリエット・ビノシュにカンヌ映画祭主演女優賞をもたらした。

 日本で撮影した日仏合作「ライク・サムワン・イン・ラブ」(12)では、高梨臨、奥野匡、加瀬亮らを起用。同作が最後の長編監督作となった。自身の監督作だけでなく、愛弟子ジャファル・パナヒの初監督作「白い風船」(95)などで脚本を執筆した。また、アカデミー賞を主催する映画科学芸術アカデミーの新たな会員に、先週招待されたばかりだった。

 10~15年来の親交があったというマーティン・スコセッシ監督は、「アッバス・キアロスタミが他界したという知らせを聞き、非常に悲しく、打ちのめされました」とハリウッド・レポーター誌に追悼コメントを寄せた。「もの静かで、上品で、穏やかで、明確な考えや鋭い観察力を持った特別な人間でした。私たちの道が時折交差することを、私はいつも喜ばしく思っていました。彼は真の紳士であり、真に素晴らしい芸術家でした」と偲んだ。

最終更新:7月5日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。