ここから本文です

バルサがD・スアレス買戻し、契約解除金は約57億円

ISM 7月5日(火)12時0分配信

 バルセロナ(スペイン)は現地時間4日(以下現地時間)、ビリャレアル(以上スペイン)からMFデニス・スアレス(22)を買い戻すことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 D・スアレスは2013-14シーズンにバルサのBチームに所属し、36試合で7ゴール11アシストを記録。その後セビーリャ(スペイン)でヨーロッパリーグ優勝を経験し、昨季はビリャレアルに移籍。48試合に出場(先発は36試合)し、5ゴール11アシストをマークした。

 バルサは325万ユーロ(約3億7000万円)の買戻しオプションを行使。選手とは4年契約を結ぶ予定で、4年目の出場試合数に応じた1年の延長オプションが付帯される。契約解除金は5000万ユーロ(約56億8000万円)に設定された。

 D・スアレスは5日にメディカルチェックを受け、6日に正式契約を結ぶ。

最終更新:7月5日(火)12時0分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。