ここから本文です

【東京キャンピングカーショー16】釣りキチ大興奮のハイエース、ワンちゃん大ヨロコビの後席アイテム

レスポンス 7月5日(火)10時45分配信

釣りキチターゲットのハイエースや、ワンちゃん向け“特別シート”も注目を集めた。三重県津市のダイレクトカーズは“アングラーに選ばれるクルマ”とうたう「釣りエース」を、ホンダは「Honda Dog」シリーズの最新アイテム「ペットシートサークル」を参考出品した。

[関連写真]

「こだわり抜いてついに完成!」と紹介されていた「釣りエース」は、トヨタ『ハイエース』がベースの“釣り専用車”。ロッドホルダーやシャワータンク、ベッドキットなど、野営しながらのフィッシングシーンで重宝するアイテムが満載。「8本のロッドもらくらく載せられて、シャワーも浴びられる」というこのクルマは、乗車定員5名、就寝定員3名で、約300万円。

同社は、後部座席が全面床シートとし、ペットやレジャー用品をリア車上に置きながら洗えるシャワーを備えた「ワンエース」(279万円~)も販売しているが、「クルマの加工など、いっさい手を加えず、ペットと楽しく過ごせる車中アイテム」をシリーズ化しているあのメーカーも出品した。

ホンダは、『N-BOX』に「Honda Dog」シリーズの最新アイテム「ペットシートサークル」を装着し、参考出品。「中型犬以上の体格のワンちゃんや、複数の小型犬を後席に乗せるさいに役立つアイテム。ワンちゃん好きの反応をみたい」とスタッフは話していた。このN-BOXには、プロトタイプのペットシートサークルが左後席に、後席フットレストに「ペットフロアクッション」、助手席に「ペットシートプラスわん」が装着され、まさに“ワンちゃん大ヨロコビ”な構成に仕上がっていた。

会場には、犬や猫を連れた来場者たちの姿が多く見られた。東京キャンピングカーショー2016実行委員会(東京都渋谷区)は、「キャンピングカーは、ペットを連れての移動も宿泊も自由にできる。その最新情報を得るために毎年多くのペット愛好家がこのショーを訪れる」と伝えていた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月5日(火)10時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。