ここから本文です

右半身まひ・西城秀樹が壮絶リハビリ「家族でハワイ旅行に行きたい」

東スポWeb 7月5日(火)11時32分配信

 フジテレビ系「ノンストップ!」(月~金、午前9時50分)が5日、歌手・西城秀樹(61)のリハビリ密着リポート第2弾を放送した。火曜レギュラーで大の西城ファンの「ハイヒール」リンゴ(54)が、施設でリハビリに励む西城の姿を伝えた。

 西城は2度の脳梗塞で右半身にまひが残っている。番組ではリハビリで踏み台昇降、歩行訓練、スクワット、サイクリングマシンをこなしていく姿を放映。踏み台はわずか10センチの高さだが、自力歩行が困難な西城にとっては“高い壁”にも思えるような動きだ。何も話さず、壮絶なトレーニングに励む西城の姿にリンゴは声をかけられなかった。トレーナーから休憩を促されても「いえ、やります」と西城。自分から決して「休憩したい」と口にすることはないという。

 約2時間のリハビリを終えた西城は、カメラの前でようやく「しんどい」「ここで何回泣いたことか…。なんで自分がこんな目に遭うのか」と心境を語った。そしてリンゴの「支えているものは何か」の質問に「夏休みに3人の子供と家族でハワイ旅行に行きたい」。

 西城は体が不自由なのをサポートし、支えてくれる家族の存在を挙げた。脳梗塞発症以降は動きの激しい「傷だらけのローラ」を披露できない状態だが、リハビリを乗り越え「ファンの前でそろそろローラを歌いたい」と力強く語った。

最終更新:7月5日(火)11時40分

東スポWeb