ここから本文です

FOSTEXから「かんすぴ」シリーズのハイレゾ対応DAC内蔵アンプとスピーカーセット新登場

CDジャーナル 7月5日(火)18時19分配信

 FOSTEXが、“手軽に楽しむ本格スピーカークラフト”として好評の「かんすぴ」シリーズから、ハイレゾ対応DACを内蔵したアンプとスピーカーがセットになった「KANSPI-HiRes」(27,000円)を新発売。

 セット内容は、ハイレゾに対応したUSB入力のDACが内蔵されているパーソナルアンプ「PC200USB-HR」と、スピーカーシステム「P802-S」。PCからアンプに接続することで、PCに保存したハイレゾ音源を簡単に再生することができます。

 パーソナルアンプ「PC200USB-HR」は、小型のボディにUSB-DAC / スピーカー出力 / ヘッドフォン出力 / ボリュームコントローラーの4つの機能を搭載。スピーカーシステム「KANSPI-HiRes」は、小型コンパクトサイズの2ウェイ・リアバスレフ・スピーカー。トゥイーターには、内部損失が高く軽量なUFLCソフトドーム振動板を採用、周波数特性を40kHzの高域まで伸ばすことに成功したハイレゾ対応仕様となっています。ウーファーは、エッジにウレタンフォームを使用した8cm口径ドライバーと、適度な剛性と内部損失をもつ木材パルプを採用したコーン紙で構成。小型ながら十分な低音特性と小音量時でも高音質な再生を実現しています。

最終更新:7月5日(火)18時19分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。