ここから本文です

ボイメン水野勝や小林豊のコメント収録、「復讐したい」約5分のメイキング映像公開

映画ナタリー 7月5日(火)7時0分配信

7月6日に発売されるBOYS AND MENのメンバーが総出演した「復讐したい」のBlu-rayとDVDより、メイキング映像の一部がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

山田悠介の同名小説を原作とした本作は、「復讐法」という法律が制定された近未来社会を舞台にしたサバイバルアクション。ボイメンの水野勝が、妻子を殺された中学教師・高橋泰之役で主演を務めた。そのほかには、高橋メアリージュン、岡田義徳、上野優華、ボイメンから小林豊、田中俊介、田村侑久、本田剛文、吉原雅斗、勇翔、辻本達規、土田拓海、平松賢人、若菜太喜(3月脱退)が出演した。

このたび公開されたのは、Blu-rayとDVDに収録された約42分にのぼるメイキング映像より、クランクイン当日の様子や泰之が妻殺しの犯人へ復讐するシーン、そして水野と高橋、小林の映像コメントをまとめたもの。水野は、自身の思い入れが強いシーンの撮影を終えて満足気な表情を見せ、高橋は1人2役に挑むうえでの意気込みを語っている。

Blu-rayとDVDには、メイキングや予告編10種、舞台挨拶の様子のほかに、未公開映像として「コントロールルーム」「泰之と泉のマンション」「河原」のシーンを収録。DVD初回限定版には、全60ページの特製ブックレットが付く。

※辻本達規の辻は一点しんにょうが正式表記

(c)山田悠介/幻冬舎/「復讐したい」製作委員会

最終更新:7月5日(火)7時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。