ここから本文です

現代自動車SUV 韓国での累計販売200万台突破

聯合ニュース 7月5日(火)10時36分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)の国内販売台数が累計で200万台を突破した。

 自動車業界によると、現代は1991年に国内でSUVの販売を開始し、今年6月までの累計販売台数が201万886台を記録した。韓国の完成車メーカーのうち、SUVの国内販売台数が200万台を超えたのは現代が唯一だ。

 現代がこれまで発売したSUVは「ギャロッパー」「テラカン」「ベラクルーズ」「サンタフェ」「ツーソン」「マックスクルーズ」の6種。

 販売台数が最も多いのは2000年に発売されたサンタフェ。韓国では「国民SUV」と呼ばれる。幾度のフルモデルチェンジを経て、累計販売台数は96万5340台に上る。年内に韓国メーカーのSUV車種としては初の100万台を突破すると予想される。

 サンタフェに次いで人気なのはツーソン。2004年の発売後、現在の3代目まで51万186台(燃料電池車含む)が売れた。

 次いで、ギャロッパー(31万5783台)、テラカン(10万7334台)、ベラクルーズ(7万8584台)、マックスクルーズ(3万3659台)の順。

 現代の関係者は「今後も低燃費化を図り、環境にやさしいSUVを積極的に開発して顧客のニーズに応えたい」と話している。

最終更新:7月5日(火)10時58分

聯合ニュース