ここから本文です

白鵬に民進党・野田前首相から「わび状」…街頭演説に後援会が抗議

デイリースポーツ 7月5日(火)7時0分配信

 大相撲の横綱白鵬(31)=宮城野=の名古屋後援会が主催する激励会が4日、名古屋市内のホテルであり、民進党の古川元久衆議院議員、斎藤嘉隆参議院議員が同党の野田佳彦前首相の白鵬に対する発言に対し「わび状をお持ちしました。みなさまにご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げます」(斎藤氏)と謝罪。野田前首相の謝罪文を白鵬に手渡した。

 発端は野田前首相が参院選公示となった先月22日、JR千葉駅前で行った街頭演説。野田元首相はかち上げの身ぶりをしながら「白鵬は力が衰えた分、立ち合いが汚い。左手を相手の顔に出し、ひるんだところに右肘でかち上げ、エルボーを入れる。豪栄道は眼窩(がんか)底骨折。安倍政権も同じ。左手でアベノミクス、右手で憲法改正。顔面骨折は国民がするんです」と訴えた。

 この発言に対し、白鵬名古屋後援会の服部章平会長が、後援会として抗議していた。白鵬は「わたしは気にしてない。でも、わたしを応援してる方々がいますから、そういう人が悔しい思いしたのかな」と話し、記録がかかる場所へ向け気持ちを切り替えていた。

最終更新:7月5日(火)7時33分

デイリースポーツ