ここから本文です

腐女子が美少女に変身?TVアニメ「私がモテてどうすんだ」今秋放送スタート

映画.com 7月5日(火)23時30分配信

 [映画.com ニュース] 「別冊フレンド」(講談社刊)で連載されている、ぢゅん子氏による漫画「私がモテてどうすんだ」がテレビアニメ化され、今秋からTBS、BS-TBSで放送をスタートする。

 原作は、累計部数100万部を突破し「このマンガがすごい!2015」オンナ編第4位に選ばれたラブコメディ作品。男性同士の友情を妄想するのは大好きだが、自分の恋愛には興味がない女子高生・芹沼花依が、大好きなアニメキャラが死んでしまったことにショックを受けて激ヤセ。その結果、美少女となった花依は、校内の美男子4人からアプローチを受ける。アニメ公式サイトでは、花依が美男子たちやイケメン女子・仁科志麻に囲まれたキービジュアルが公開されている。

 監督は「発明BOYカニパン」「人造昆虫カブトボーグ V×V」の石踊宏、シリーズ構成は「SHIROBAKO」「監獄学園」の横手美智子が務める。このほか、キャラクターデザインとして「境界のRINNE」のたむらかずひこ、サブキャラクターデザインと総作画監督として「ナースウィッチ小麦ちゃんR」の大沢美奈が参加。アニメーション制作は「夏目友人帳」「Dance with Devils」のブレインズ・ベースが担当する。

最終更新:7月5日(火)23時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。