ここから本文です

サンフレッチェ広島のクレーンゲーム機“サンフレキャッチャー”が登場

ファミ通.com 7月5日(火)17時27分配信

●ゲーム機もグッズもサンフレッチェ一色!
 プローバホールディングスは、サンフレッチェ広島のデザインをあしらったクレーンゲーム機“サンフレキャッチャー”の取扱を、2016年7月1日より開始した。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社プローバホールディングス(所在:広島県広島市安佐南区)は7月1日(金)より、サンフレッチェ広島のデザインをあしらったサンフレキャッチャーの取扱を開始します。
 当社は株式会社ジェイリーグエンタープライズ、株式会社サンフレッチェ広島とアミューズメント向けの景品として商品化権契約を締結し、サンフレグッズの取り扱いを始めました。商品はこの専用クレーンゲーム機でしか取り扱っておらず、サンフレッチェ広島ファンの方を中心に、楽しめるコンテンツとして展開を図っていきます。ゲームは1回100円のプレイ料金を予定しております。
 このサンフレキャッチャーは、サンフレッチェ広島のメインスポンサーである株式会社エディオンの紙屋町エディオン広島本店 本館6階(所在:広島市中区紙屋町)へ第一号機が設置されており、今後の設置については、既存にお取引させて頂いている店舗やグループ店舗(株式会社プロバックス)の他、サンフレッチェ広島を応援したい新規店への提案も行っていきます。
 尚、同形態での広島東洋カープの展開は昨年の4月より始まっており、現在(H28.6月現在)、14店舗29台設置をしています。設置先は、スーパーやレンタルビデオショップ、カラオケ、ボウリング場と様々で、地元スポーツを応援したいという企業との契約が進んでいます。

【商品ラインナップ(6月時点)】

最終更新:7月5日(火)17時27分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。