ここから本文です

40人以上に性的暴行疑惑の俳優、名誉博士号を撤回

シネマトゥデイ 7月5日(火)21時6分配信

 40人以上の女性に対し、薬物を飲ませて性的暴行をはたらいた疑惑が持ち上がり、現在もなお複数の裁判に直面しているビル・コスビーが、また大学の名誉博士号を撤回されたと The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】ビル・コスビーが製作総指揮した映画『ザ・ダイバー』

 今回、撤回を決めたのは1996年にビルに美術博士号を授与したコネチカット大学。大学史上、名誉博士号を撤回するのは初めてだという。

 テレビドラマ「ザ・コスビー・ショー(原題) / The Cosby Show」などは再放送も含め、アメリカでは人種を問わずに親しまれた番組で、ビルはアメリカのお父さんの象徴のような俳優だった。そんな彼には60以上の名誉博士号が授与されているが、すでに撤回をした大学は複数あり、協議中だという大学も10校ほどあるとVultureは報じている。すでに、ニューヨーク州のフォーダム大学とウィスコンシン州のマーケット大学、ジョージ・ワシントン大学、ペンシルベニア州のドレクセル大学などが名誉博士号の撤回を発表している。(澤田理沙)

最終更新:7月5日(火)21時6分

シネマトゥデイ