ここから本文です

「もんげー」岡山が、地方移住者に選ばれる3つの理由

@IT 7月5日(火)6時10分配信

 ここ数年、政府主導で地方創生が促進され、実際に都市部から地方に移住した人の数は5年で4倍に増え、2014年度には1万1735人と1万人を超えた。しかし、まだまだ地方移住に不安を抱える読者も多いだろう。@ITはその理由の1つに「情報の少なさ」があると考えた

【その他の画像】

 「@IT式 U&Iターンスタイル」は、全国各地のUIターンエンジニアたちが、地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えていく。ご当地ライターたちのリアルな情報は、U&Iターンに興味のある方々の役に立つだろう。

--

 はじめまして。「U&Iターンの理想と現実:岡山編」を執筆する「クリエ・ココ」の中嶋政和です。

 岡山県は、山あり海あり平野あり、「晴れの国おかやま」といわれるほど気候が温暖で暮らしやすい土地です。主要な産業は繊維業で、全国の学生服の8割は岡山で製造されています。また、倉敷市児島は、日本初の国産ジーンズが製造された「ジーンズ発祥の地」です。

 「2014年度に地方自治体の移住支援策などを利用して地方に移住した人」のうち、岡山県に移住した人数は1737人で国内1位。ちなみに、2位は鳥取県(1246人)、3位は長野県(953人)です。私も、2012年に岡山市にUターンして起業しました。

 では、なぜ岡山県は移住者が多いのでしょうか。岡山県が選ばれる「もんげー」理由を見ていきましょう。

※「もんげー」は、岡山県の方言で「ものすごい」という意味です。「妖怪ウォッチ」の狛犬妖怪「コマさん」でご存じの方も多いのでは?

●岡山のもんげー! その1「自然に恵まれている」

○晴れの国おかやま

 岡山県は、温暖で過ごしやすい瀬戸内気候の地域です。降水量1ミリメートル未満日数は全国第1位、全国平均247.3日よりも28.6日も多い「年間275.9日」です。

 しかも、高梁川、旭川、吉井川の3つの一級河川が流れており、水源が豊富で、水不足が少ないのも特徴です。

○自然災害が少ない

 岡山県は地震の少ない地域とされています。わずか3本(中四国地方で最少)の活断層は全て県北東部から兵庫県南西部にかけて集中しており、県庁所在地の岡山市には活断層がありません。

 気象庁地震データベースによると、震度6以上の地震は過去、観測されていません。近隣県で発生した地震による被害も少ないと報告されています。

 さらに、もし南海大地震が起こっても、四国と瀬戸内海を挟んだ岡山は甚大な被害や津波の危険性は少ないと考えられています。

●岡山のもんげー! その2「高い求人倍率」

 岡山県の2016年4月の有効求人倍率は「1.57倍」、全国で5本の指に入る高さです。また、対前年同月比1.2%増と8カ月連続で増加しています。

○IT技術者の求人数は?

 ハローワークインターネットサービスでIT技術者の求人件数を調べました。

 情報処理・通信技術者の職業分類で検索すると190件、フリーキーワード「エンジニア」で絞ると105件、「デザイナー」では3件でした(2016年6月29日現在)。地方ではまずまずの数字といえるのではないでしょうか。

●岡山のもんげー! その3「読書好き」

 岡山県庁と岡山城の間に位置する「岡山県立図書館」は、全国の都道府県立図書館の中で「来館者数」と「貸し出し数」が10年連続1位です。

来館者数
・1位:岡山 104万8799人
・2位:山梨 90万5801人

貸し出し数
・1位:岡山 144万900点
・2位:大阪 89万8011点

出典:「日本の図書館」2015年調査票

 日本一になった理由として、新刊図書の70%、新刊児童図書の100%を購入し続けていることが挙げられます。新しい本がそろっていると、借りにいきたくなりますね。

 また、ビジネス支援サービスが充実していて、ビジネスや仕事に役立つ資料・情報を提供し、社会科学カウンターで相談もできます。さらに創業相談会(ビジネス支援相談会)や、創業&フォローアップセミナーなどの講座やイベントも行われ、私もよく利用しています。

 山あり、海あり、平野あり。季候が良く、自然災害が少なく、読書好きが多く、高い有効求人倍率を誇る県、これが「もんげー岡山」です。

 U&Iターンの理想と現実:岡山編、次回は生活交通事情や家賃など、岡山の「暮らし」を紹介します。

筆者プロフィール:中嶋 政和 クリエ・ココ 代表取締役。2012年4月、Uターンにより岡山市に戻り起業。ITベンチャーで起業するなら「安心安全で自然災害が少なく開発作業中断の可能性が低い場所で」と考えた場所が岡山市でした。ITサービスの価値を高め、豊かな社会の実現に貢献してまいります。

最終更新:7月5日(火)6時10分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]