ここから本文です

UFOを常に感じる!UFOコンタクティ!

シネマトゥデイ 7月5日(火)22時16分配信

 世界中にオカルトブームを巻き起こした海外ドラマ「X-ファイル」の新シリーズ「X-ファイル 2016」の日本上陸を記念して先ごろ開催されたイベントに、UFOとコンタクトを取ることができる“UFOコンタクティ”として知られる武良信行さんが登場した。この日「UFOを呼ぶ」という一大プロジェクトに挑んだ武良さんは、UFOの存在を改めてアピールした。

【写真】仲間とともにUFOと交信する武良信行さん

 武良さんは鳥取県出身の69歳。4歳のときに親戚がいた鳥取県境港市の山中でUFOと遭遇した武良さんは、「頭上に火の玉のような赤い光が来て、とても怖かった。その山中では、UFOや宇宙人の目撃者が多いんですよ」と話し始める。その後、一時は遭遇体験が途絶えたという武良さんだったが、36歳以降に再び遭遇するようになり、現在は“UFO撮影家”や“UFOコンタクティ”として活躍している。「ぼく自身、肉眼ではほとんど見えていないけど」と語る武良さんだが「1、2時間撮るとビデオカメラにはしっかりとUFOが映っているんです。撮影の間に『テレパシー』のような感覚があります」とUFOとの交信体験を明かす。

 UFOとの接し方については「彼ら(UFO)とは常につながっているんです。そして撮影の前日に『どこどこで撮影するので協力してほしい』と伝えます。翌日、そこへ行くと合図のように耳鳴りが強くなり、それで撮影すると9割は映っています」と説明。また、UFOを呼ぶために空に向かって音叉(おんさ)や竹筒の道具を使い、「UFOのエンジン音」を出しながら交信することもあるという。

 30年以上前はまだUFOに対する理解が浸透しておらず、「UFOを映しても信じてもらえず、意気消沈していました」と述懐する武良さん。「UFOの存在を感じて撮影しても信じてもらえず、どうしたらいいのか? とテレビ局や新聞社にも行きましたね」と当時は苦労したそうだが、「最近は徐々に受け入れられ理解してもらっている」と語った。

 常にUFOとつながっているがゆえに、超常現象を扱った「X-ファイル」シリーズには釘付けになっていたという武良さん。新シリーズについては「これを入口にUFOについての理解を広げてほしい」と期待を寄せ、「これからもいろんな場所でUFOとのコンタクトを試みたい」と意欲を見せていた。

 「X-ファイル 2016」は米テレビシリーズ「X-ファイル」13年ぶりの新シリーズ。FBI捜査官のフォックス・モルダーとダナ・スカリーがUFOや超常現象が絡む特殊な未解決事件に挑むさまを描き、全米での視聴率はシリーズ歴代ナンバーワンを記録した。(取材・文:岩崎郁子)

「X-ファイル 2016」のブルーレイ&DVDは発売中(ブルーレイ:2枚組 ¥6,000+税、DVD:3枚組 ¥4,752+税)

最終更新:7月5日(火)22時16分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。