ここから本文です

SMエンタ新人「NCT 127」、夏を狙った自身初のタイトル曲は「消防車(Fire Truck)」

WoW!Korea 7月5日(火)11時52分配信

韓国の大手芸能プロダクションSMエンタテインメントの新人アイドルグループ「NCT 127」がタイトル曲「消防車(Fire Truck)」で本格的な活動に乗り出す。

 「NCT 127」は来る10日昼12時に各音楽配信サイトを通して、デビューアルバム「NCT #127」の全曲を公開する。

 タイトル曲「消防車(Fire Truck)」はヒップホップとトラップを基盤に、ムーンバートン(Moombahton)のリズム的要素を溶け込ませたフュージョンジャンルの楽曲だ。パワフルなベースとリズミカルな打楽器のソースが曲の雰囲気を一層楽しくさせる。蒸し暑さと忙しさに疲れた現代人のストレスを清清しく吹き飛ばすという思いが入れられた歌だ。

 「NCT 127」は6日午前0時に「消防車(Fire Truck)」のミュージックビデオティーザー映像を公開する。新曲コンセプトを予め見られる映像で、注目を集めそうだ。

 「NCT 127」はテイル、テヨン、ユウタ、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャンで構成されたグループだ。才能と魅力を持った多国籍メンバーがおり、既に、グローバルファンたちから関心が寄せられている。

最終更新:7月5日(火)11時52分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。