ここから本文です

1型9Mピクセル対応のFAレンズに焦点距離16mm製品を追加

MONOist 7月5日(火)7時55分配信

 リコーインダストリアルソリューションズは2016年6月20日、画面サイズ1型9Mピクセルまで対応の画像処理用手動絞りレンズ「RICOH FL」シリーズに、焦点距離16mmのレンズ「FL-BC1618-9M」を追加したと発表した。同シリーズは、これまで焦点距離25/35/50/75mmを販売しており、新製品の追加で全5種となる。

 FL-BC1618-9Mは、画素ピッチ3.69μmの1型9MピクセルまでのFAカメラに対応し、中心から周辺部まで135(lp/mm)の分解能を可能にしている。周辺部まで解像力が低下せず、コントラストの高い鮮明な画像が得られるため、周辺部の画像も計測や検査に活用できる。

 また、フォーカス方式にフローティング機構を採用し、全域で高解像度を取得できる。加えて、レンズから80mmの至近距離を可能にしたことで、接写リングを使う場合に比べて近接撮影の画質が向上した。レンズには、焦点距離16mmの広角レンズ設計を採用。これにより、センサーサイズ1型(12.8×9.6mm)で、対象物から80mmの距離で75.4×56.5mmの範囲を撮影できる。

 外径はφ42mmで、9Mピクセルカメラで一般的に採用されている44mm角の筐体に合わせることができる。画素数は400万/600万/900万画素に対応し、絞り範囲は1.8

~16、最大口径比は1:1.8となっている。

 主に、プリント基板やシート材の外観検査、印刷物の印字チェック、食品や薬品の形状/色/表面の異物検査など、一度に多くの対象物を検査する場合や、広範囲の対象物を詳細に検査する用途に適しているという。

最終更新:7月5日(火)7時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]