ここから本文です

ソウルで日本自衛隊の記念行事を開催… 韓国ネットユーザーは”不快感”示す

WoW!Korea 7月5日(火)13時18分配信

日本大使館が来る12日、ソウル市内にあるミレニアム・ソウル・ヒルトンにて自衛隊創設記念行事を開催すると明かした。記念行事をソウルで開催するという事実に、韓国国防部が軍関係者を出席させると報じられ、ネットユーザーらは不快感を示している。

 駐韓日本大使館は毎年、自衛隊の創設日(1954年7月1日)に合わせ、記念行事を開催してきた。2009年、2010年、2012年、2013年にはミレニアム・ソウル・ヒルトン、グランドハイアットホテル、ロッテホテルなどで開催された。しかし、2014年に韓国国内で批判の声が高まり、自衛隊創設60周年記念行事を開催する予定だったロッテホテルが「場所を提供しない」とし、駐韓日本大使館で行事が縮小開催された。そして、昨年も同様だった。

 しかし、ことし再び同行事がホテルで開催されることになったのは、昨年末、日韓首脳会談の開催と慰安婦合意などで両国関係が改善されたとの判断によるものとみられる。

 日本大使館側は「基本的に世界各国で開催する行事」とし、特別な意味を付与していない。しかし、ソウル市内で開かれる自衛隊の行事について市民団体や韓国国民の世論は否定的だ。

 市民団体は「日本の自衛隊行事をソウルのど真ん中でおこなうことに納得できない」とし、「日本は安保法改定で、集団的自衛権行使を通して朝鮮半島への再侵略の可能性もある状況で、韓国が国防官僚を参加させて共に行事を進行する部分は憂慮すべきことだ」と立場を伝えた。

最終更新:7月5日(火)13時18分

WoW!Korea