ここから本文です

WBAライトフライ級V4戦の田口 相手よりも手ごわい内山の影

東スポWeb 7月5日(火)16時41分配信

 WBA世界ライトフライ級王者の田口良一(29=ワタナベ)が8月31日に東京・大田区総合体育館で、同級1位の元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(27=井岡)を相手にV4戦を行うことが4日に発表された。

 ともに2006年にプロデビューし、勝利数は同じ「24」。似たような戦績と思いきや「人と戦ってる数が違う。“路上”や“団体戦”もやってますし。ドキドキするのはボクシングと、悪いことする時」と宮崎はうそぶいた。

 これに対して田口は「昔は“やんちゃ”してたみたいですしね。僕とはキャラが違います」と軽く受け流した。それも当然。試合に向けては、もっと手ごわい課題をクリアしなければならないからだ。

 4月にジムの先輩、内山高志(36)がWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座から陥落したこともあり、今回はメーンイベンターに昇格。だが会場は内山出場時と同じで、4000人収容の大田区総合体育館だ。地元出身&在住の田口にとっては、メーンイベンターの晴れ舞台で「満員にしたいですよね。今まではチケットを売ったのは最高で450枚ぐらいですけど、今回は1000枚ぐらいを目標に」。そこには内山不在という大プレッシャーがかかる。

 もう一つの課題は運転免許の取得。昨年11月に教習所は卒業したものの「試験場で落ちてしまいまして…」。1年以内に免許を取らないと、卒業が無効になる。ケガなどの不測の事態に備えて今月中の合格を目指す。済ませることはさっさと片づけて、すっきりと大決戦のリングに上がることができるか。

最終更新:7月5日(火)16時41分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]