ここから本文です

高知容疑者逮捕で許せない『ラブホテルでの浮気』 リンゴが妻の立場を代弁

デイリースポーツ 7月5日(火)11時0分配信

 覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された、女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)。横浜市内のラブホテルで元レースクイーンでクラブホステスの五十川敦子容疑者(33)と就寝中に逮捕された。高知は高島の父の介護のため、俳優を引退したといわれていた。高島は現在、京都で主演刑事ドラマの撮影中。オシドリ夫婦と思われただけに、芸能界には衝撃が走った。ハイヒール・リンゴはクスリの反社会行為を弾劾したうえで、浮気場所に「許せない」と妻の立場を代弁した。

  ◇  ◇

 高島礼子さん夫妻とは、お会いしたことがあるんです。高島さんは、女性から見てもほれぼれするくらい品があってきれいな人。当時、日本酒のCMに出演されてて、駅に大きな看板があったんです。私も看板を見るたびに、高島さんの笑顔にどれだけ癒されたか。

 知り合いの方が高島さんの披露宴にも参加されてて、そのとき高知容疑者がお開きのときに、「俺はこの人だけを愛して、この人だけを幸せにする。だからみんな俺を遊びには誘わないでくれ」といった挨拶をされ、会場はすごい拍手だったそうです。そんなカップルがこんなことになるって。

 高島さんが、京都で主演される刑事ドラマ(テレビ朝日「女たちの特捜最前線」7月21日スタート)の撮影の真っ最中に逮捕されました。主役ということで、負担も大きい。おまけに刑事役。そんなときに旦那がこんな事件を起こして。私は他人の話ですが同じ妻の立場として怒りが収まりませんね。私が家を空けている間になにしてくれてんの!って。

 愛人とホテルで大麻と覚せい剤。クスリの使用は違法で言語道断。クスリの使用についてよく家族はわからなかった?という声もありますが、あれは本当にわからないみたいです。以前使用してて、いまは更生施設に勤務する方にうかがったんですけど、案外家族はわからないって。匂いや様子でわかるって言うけど、それも使用してはじめてその匂いが覚せい剤だとわかるとか。

 これで芸能界全体が汚染されていて、乱れていると思われるのが、凄い嫌なんです。劇場で漫才やって「昔、モモコがクスリやってましてね」って言うたら、昔はドッと笑いが起きてた。でもいまはザワザワザワって。ちゃう!ネタやがなって。でもホント、芸能界はそんなところじゃありません。そこは声を大きく言っておきたいです。

 さて高島さんは高知容疑者の経営するエステサロンのために設立した協会の理事に、本名で参加されている。今回一緒に捕まった愛人も、アドバイザーというか会員として名前を連ねていますけどね(※)。高島さんくらいの女優ともなれば、普通は芸名のままで参加してもよさそうですが、あえての本名。そこまで一歩下がって、夫を立ててたわけですよ。高知容疑者の奥様への裏切り行為ははなはだしいですね。

 クスリは一旦おいて、浮気の話だけでいくと、私は「ラブホテル」で浮気していたというのが、ちょっと許せないですね。まずラブホというのが、何かの打合せとか、ビューティーアドバイス受ける場所とかじゃなく、そういう目的のためだけのホテルじゃないですか。

 有名人が浮気するときにラブホテルを利用することは「チェックインが簡単だから」という理由を聞いたことがあり、ああなるほど納得したことはあります。もちろん今回のようにクスリの使用となれば、身分を明かさないで利用できることは足がつきにくくなるという理由がひとつあるかもしれませんが。

 でもね、私は旦那にラブホテルで浮気されたら、同じ浮気でも怒りが倍増すると思います。一流ホテルとはいわんけど、もうちょっと場所を選んでよと。

 ※高島は、高知容疑者が設立し理事を務める社団法人「日本トータルビューティー協会」で副理事。賛助会員には五十川容疑者も名前を連ねている。

最終更新:7月5日(火)12時48分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。