ここから本文です

浅野のアーセナル移籍に西野氏がお墨付き

東スポWeb 7月5日(火)16時41分配信

 イングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルに完全移籍が決まったFW浅野拓磨(21=広島)が、日本サッカー協会の西野朗技術委員長(61=顔写真)からお墨付きをもらった。

 両クラブ間での合意を受け、浅野は4日に広島市内で会見を開いた。「チームは変わっても、今まで通り100%頑張りたい。目指していた海外挑戦が決まったのはうれしいし、楽しみ」と意欲満々。ドイツ1部アウクスブルクやオーストリア1部ザルツブルクからもオファーを受けたが、あえて最もハードルが高い名門を選択した。17日の横浜M戦(Eスタ)が広島での最終戦となる。

 新天地は世界屈指のビッグクラブだけにイバラの道が待ち受けるが、A代表やU―23代表の試合で浅野を間近で見てきた西野委員長は大きな期待を寄せた。

「今のプレミアのレベルはハンパじゃないし、スピードだけではなかなかね」と前置きしつつ「ああいうフルスプリントで(DFの)ラインを何本も越える選手で、あいつの場合は相手のウイークポイントを突けるところも見せている。欧州ではそういう選手がものすごく好まれるし、(アーセン)ベンゲル(監督)はそういうタイプが好き。間違いなくいい評価を受けている」と分析。西野委員長は旧知の間柄でもあるベンゲル監督の考えを推測しつつ、浅野の成功に太鼓判を押した。

 さらには「ああいう選手は日本の中でスペシャル。スピードもあって技術もある。アーセナルの浅野になってほしい」とエールを送った。

最終更新:7月5日(火)16時41分

東スポWeb