ここから本文です

中国、世界最大の球面電波望遠鏡「FAST」の建設完了

ITmedia ニュース 7月5日(火)7時41分配信

 中国科学院国家天文台が福建省福州市平潭に建設している直径500メートルの球面電波望遠鏡「FAST」の最後のパネルが7月3日にはめられ、建設が完了した。中国Xinhua Newsが報じた。

Google Earthより

 FAST(Five-hundred-meter Aperture Spherical Telescope)は科学院国家天文台が1994年に計画を提案し、2011年3月に着工された。建設コストは約12億元(約185億円)。この望遠鏡では、数百億光年離れた宇宙から電波信号を受信できるという。中国天文学会のウー・シャンピン理事長は「FASTは銀河系外の知的生命体を探し出し、宇宙の起源を探るための助けになるだろう」と語った。

 GoogleマップにFASTの写真が数枚投稿されている。Googleマップ上の位置はこちら。

 FASTは9月から稼働の見込み。向こう2~3年間は調整と中国国内の科学者の研究に使われるが、将来的には世界の研究者が利用できるようになるという。

最終更新:7月5日(火)7時41分

ITmedia ニュース