ここから本文です

映画「ONE PIECE」フレーム切手セット、金色のホルダーなど付属し大充実

コミックナタリー 7月5日(火)13時7分配信

尾田栄一郎原作の映画「ONE PIECE FILM GOLD」の公開を記念したフレーム切手セットが、全国の一部を除いた郵便局と「郵便局のネットショップ」にて発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

セット内容は52円切手10種を収めた切手シート1枚、劇中カットのポストカード12種、描き下ろしイラストがデザインされたクリアファイル1種とポストカード2種。またフレーム切手シートやポストカードを収納できる、ホルダーも付属する。ホルダーはシリアルナンバーが刻印されるほか、映画にちなんだゴールド加工が施される。

価格は4800円。「郵便局のネットショップ」では7月11日から9月30日まで、郵便局では7月19日から9月27日まで予約を受け付け、商品は11月18日より順次届けられる。

(c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会 (c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

最終更新:7月5日(火)13時7分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。