ここから本文です

PUSHIM、Zeppで「F」のグルーヴをゲストと再現

音楽ナタリー 7月5日(火)13時9分配信

PUSHIMの全国ツアー「PUSHIM LIVE TOUR 2016 "F"」の東京公演が7月1日にZepp DiverCity TOKYOで開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

フロアはイスが敷き詰められ、ステージは後方に大きく掲げられた“F”の文字以外には何もないシンプルなもの。1曲目から場内が総立ちになるや否や、登場したPUSHIMもHome Grownの演奏をバックに、そのスキルや表現力を遺憾なく発揮していく。

「A Little Love」のようなラブソングから、平和を願う気持ちを込めたバラード「Keep Peace Alive」まで、ソウルフルな歌声で観客を酔わせたPUSHIM。中盤にはAFRAをゲストに迎えた「Welcome To My Village」、Shyoudog(韻シスト)との「MATTAKU」も織り交ぜ、最新アルバム「F」のサウンドを見事に再現してみせた。

今回のツアーは、7月10日に沖縄・ミュージックタウン音市場にて追加公演が行われ終了。PUSHIMはその後多数のイベント出演が決定している。

最終更新:7月5日(火)13時9分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。