ここから本文です

ファーウェイが2in1「MateBook」の国内展開を発表 価格は6万9800円から

ITmedia PC USER 7月5日(火)8時49分配信

 ファーウェイ・ジャパンは7月4日、薄型軽量の2in1デバイス「HUAWEI MateBook」を7月15日に日本国内で発売すると発表した。価格は6万9800円(税別)から。

【製品ラインアップと価格の一覧】

 12型(2160×1440ピクセル)でアスペクト比3:2のIPS液晶を搭載する2in1デバイスで、ボディー素材にはアルミニウムを採用。上下左右対称のデザインやダイヤモンドカット加工を施し、高級感のあるデザインに仕上げた。カラーバリエーションはゴールド(ベゼルはホワイト)と、グレー(ベゼルはブラック)の計2色展開となる。OSはWindows 10 Homeとなる(法人向けモデルではWindows 10 Proも選択可能)。

 ラインアップとして、プロセッサやストレージ、メモリなどスペックの異なる計5つのモデルを用意する。HUAWEIが2in1デバイスおよびWindows製品を投入したのは初の試みだ。

 本体は、約640gに薄さ6.9mmで薄型軽量を実現しており、キーボード兼ケースの「MateBookキーボード」と組み合わせればノートPCのように利用可能だ。キーボードは1.5mmのキーストロークを確保し、しっかりキーを押している感じがある。キートップは人間工学に基づく曲面仕上げでタッチしやすい幅広いキー面積を確保した。キーボードは防滴仕様となっている。大きめのトラックパッドは5点マルチタッチに対応。手の疲労を軽減するために大きく確保されたパームレストも特徴だ。本体サイズは、278.8(幅)×194.1(高さ)×6.9(奥行き)ミリ。

 ディスプレイ部のベゼル幅は約1cmまでに抑えることで、画面占有率を84%まで拡大。本体右側面には、360度全方位認識可能な指紋センサーを搭載。あらかじめユーザーの指紋を登録しておけば、センサーに触れるだけで素早いロック解除が行える。

 オプションとして、2048段階の筆圧検知に対応したペン「HUAWEI MatePen」も用意する。プレゼンテーションなどで便利なレーザーポインタ機能やボタンによるスライドページの操作にも対応する。一度の充電で100時間利用できるという。価格は7800円(税別)。

 MateBookキーボードのカラーバリエーションは「ベージュ」「ブラウン」「オレンジ」「ブラック」の計4色を用意。価格は1万4800円(税別)。さらに、D-subやHDMIによるディスプレイ外部出力や有線LANポート、USBなどを備えるドック「HUAWEI MateDock」もオプションで用意する。カラーバリエーションはMateBookキーボードと同じ全4色で、価格は9800円(税別)。

●モバイルで培った技術をPCでも

 製品発表会に登壇したファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 プロダクトソリューション統括部 本部長のColin Kong(コリン・コン)氏は、「スマートデバイスの発売により、人々のライフスタイルは変わった。モバイルPC業界はレッドオーシャン(競争が激しい市場)になっている。しかし、PC業界は革新性に乏しく、大手メーカーの売り上げは落ちている。(HUAWEIの)モバイル通信分野での成功をモバイルPCの分野でも提供できないかと考えた」と話す。

 さらに各国で得たデータとして、ユーザーが求めるものが「スタイリッシュなデザイン」「卓越したモビリティ」「隙間時間の有効活用」の3点であるとした。グローバル市場において多様化されたモバイル端末を提供してきた実績を示しながら、モバイル分野で蓄積した技術をもってPC業界に参入することをアピールする。

 一般向け「M3モデル(直販専用)」の主なスペックは、プロセッサがCore m3-6Y30、メモリは4GB、ストレージが128GB SSD(M.2 SSD)となる。「M5モデル」はCore m5-6Y54、メモリとストレージが4GB/128GBと8GB/256GBから選択できる。

 共通の仕様として、バッテリー容量が33.7Wh、カメラが約500万画素、ワイヤレス機能として802.11acとBluetooth 4.1に対応する。センサーは加速度、照度、ジャイロ、指紋認証、ホールセンサーを内蔵。インタフェースはUSB 3.0 Type-C、ヘッドフォンジャックを採用する。Officeは非搭載。

最終更新:7月5日(火)8時49分

ITmedia PC USER