ここから本文です

ダチョウ上島が初のどっきり仕掛け「だますって愛なんだな」

デイリースポーツ 7月5日(火)13時4分配信

 お笑いトリオのダチョウ倶楽部が5日、都内で森永製菓の新製品イベント「ダマされちゃうカンヅメ発表会」に参加。イベントでは上島竜兵がグループ結成後初めてという、肥後克広、寺門ジモンをだます「どっきりコーナー」が設けられた。

 どっきりの仕掛けは、肥後と寺島が壇上に置かれた箱に掛けられたリボンを引いて新製品をお披露目する際に、寺門側のリボンがほどけずに誤って製品ごと床に落としてしまうというもの。

 上島はイベント後の会見で「だますのは初めて。(2人より早く来て)7時ごろから皆さんを呼んでリハーサルをした」と明かし、「うれしい。寺門の焦った顔や(箱が落ちる時には)リアルな音がした。50歳を過ぎてから2人の苦しみ悲しむ顔を見られるとは」としたり顔を見せた。

 リーダーの肥後も「まじで寺門がまたやったと思った。力が入りすぎるので、今までにもソファを壊したり、津軽三味線の象牙ばちを割ったり、長嶋(茂雄)家のおでんをひっくり返したりしたことがある」と語った。

 今回はこの日発売の「ダマされちゃうチョコボール〈チョコボス〉」のPRイベントとしてどっきりが仕掛けられた。上島は「だますって愛なんだな」と悦に入った表情を見せたが、最後は肥後に「やっぱり上島は仕掛けに向いてない」とダメだしされていた。

最終更新:7月5日(火)13時11分

デイリースポーツ