ここから本文です

SurfaceライクなWindowsタブレット Huawei「MateBook」国内発売 6万円台から

ITmedia ニュース 7月5日(火)11時48分配信

 中国Huaweiの日本法人ファーウェイ・ジャパンは、12.0インチのWindowsタブレット「MateBook」を7月15日に発売する。別売りのキーボードカバーを組み合わせれればノートPCになる2in1スタイルで、米Microsoftの「Surface」に似た端末だ。ビジネス利用をターゲットにしている。価格は6万9800円(税別)から。

【その他の画像】

 12.0インチ(2160×1440ピクセル)ディスプレイ、Core m3/m5プロセッサ、4GB RAM、128GB/256GB ROM、約500万画素カメラを搭載。OSは64ビット版Windows 10 Home/Pro。バッテリーは9時間の連続使用ができ、2.5時間でフル充電できるという。

 アルミニウムボディに上下左右対称のシンメトリーデザインを採用し、周辺部にダイアモンドカット加工を施すなどデザイン性を高めた。厚さ6.9ミリ、重さ約640グラムに抑えた。ゴールドとグレーの2色展開。サイドに指紋認証機能も搭載している。

 別売りのキーボードカバー「MateBookキーボード」(税別1万4800円)を装着すれば、ノートPCのようなスタイルで利用可能だ。キーボードは1.5ミリのキーストロークを確保し、5点マルチタッチのトラックパッドを搭載した。カラーは、ブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュの4色。

 スタイラスペン「HUAWEI MatePen」(税別7800円)も別売りでラインアップ。レーザーポインタ機能やスライドページ送り/戻しなど、ビジネスに便利な機能もペンに内蔵した。USBポートやD-sub15ピン/HDMIポート、LANポートなどを備えた「HUAWEI MateDock」(税別9800円)も別売りでラインアップする。

最終更新:7月5日(火)11時48分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]