ここから本文です

「高嶺と花」の高嶺、47都道府県を視察中に広島電鉄をジャック

コミックナタリー 7月5日(火)14時28分配信

師走ゆき「高嶺と花」に登場する高嶺の広告が、7月18日から8月17日まで広島電鉄をジャックする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは3月から実施されている企画「高嶺さんの天下取り!47都道府県視察参り」の一環。広島電鉄に高嶺のラッピング車両が登場し、車両も車内も高嶺だらけに飾り立てられる。詳細は「高嶺さんの天下取り!47都道府県視察参り」の公式サイトにて確認を。各都道府県で高嶺の立て看板が飾られている書店が紹介されているほか、スタンプ風画像も配布されている。

「高嶺と花」は普通の女子高生・花が、姉の替え玉として出席したお見合いで大財閥の御曹司・才原高嶺に気に入られてしまうことから始まるラブコメディ。花とゆめ(白泉社)にて連載され、単行本5巻は7月20日に発売される。

最終更新:7月5日(火)14時28分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。