ここから本文です

エアソウル、11日から金浦-済州を初就航=6番目のLCCスタート

WoW!Korea 7月5日(火)14時53分配信

アシアナ航空の2番目の格安航空会社(LCC)である「エアソウル」が、来る11日より国内線運航をスタートする。6番目のLCCスタートとして、国内外の短距離航空市場がさらに熱くなる見込みだ。

 エアソウルは先月16日から10日間で実施した試験飛行に続き、先月30日に危急状況を仮定した非常着手と非常脱出テストまで通過し、国土交通部よりACC最終承認を受けたと5日、明らかにした。

 これにより、エアソウルは来る11日から3か月間、国内線の金浦(キンポ)-済州(チェジュ)路線を運航。また、ことし10月からは国際線ACC承認が与えられた段階で日本、東南アジア、中国など国際線の運航を本格的にスタートさせる。

 エアソウル関係者は「ACC取得のために長い期間準備してきたが、ついに第一歩を踏み出すことができてうれしい」とし、「10月からは国際線の運航を本格的にスタートさせる予定。多くの関心をお願いする」と伝えた。

最終更新:7月5日(火)14時53分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。