ここから本文です

Chu-Zがテイチクへの移籍を発表、新メンバー候補生3名も決定

音楽ナタリー 7月5日(火)14時30分配信

Chu-Zが所属レーベルをテイチクエンタテインメントのインペリアルレコードに移籍することを発表。さらに新メンバー候補生3名が決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは7月3日に東京・赤坂BLITZで行われたChu-Zのワンマンライブ「Chu-Z My Live 2016 ~Chu-Zトレイン 赤坂BLITZに停車Chu~」にて告知されたもの。この日の公演前に行われた新メンバー全国公開ファイナルオーディションでは審査員を務めたChu-Zのプロデューサー・YOHEY(PaniCrew)らによって即戦力としての新メンバーは該当者なしという判断が下されたが、レッスンを重ねつつ選考を継続していくという候補生3名が選ばれた。

またアンコールではChu-Zが所属レーベルを日本コロムビアからテイチクエンタテインメントのインペリアルレコードへ移籍することを発表。メンバーは「Chu-Zの夢である日本武道館公演を目指して、まだまだ走り続けます。候補生が選ばれたこともありますし、いい意味で期待を裏切れるようにChu-Z旋風を巻き起こしていくので、変わらぬ応援をよろしくお願い致します」と意気込みを語った。なお移籍後の新譜は秋以降にリリースされる予定。

最終更新:7月5日(火)14時30分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。