ここから本文です

ボルボ、新型 V40 シリーズを発売…フロントフェイス一新

レスポンス 7月5日(火)19時0分配信

ボルボ・カー・ジャパンは、ショートワゴン『V40』『V40クロスカントリー』を大幅改良し、7月5日より販売を開始した。

[関連写真]

新型V40シリーズは、フロントフェイスを一新。新型XC90を想起させる新デザインのグリルや北欧神話由来の「トールハンマー」を模したT字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備し、モダンで洗練された外観を演出。ボディカラーには、新色のアマゾンブルーやデニムブルーを含む5色を追加した。

インテリアは、2014年のジュネーブショーに出品したコンセプト・エステートからエッセンスを受け継いだカジュアルなテキスタイルシート「シティ・ウィーブ」を新たに採用。インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルを新たに採用している。

安全面では、すでに歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10アイテムを超える先進安全機能を標準化しているが、今回、新たに歩行者エアバッグを全車に標準装備。より高い安全性を実現した。

ラインアップは、新型XC90から導入された新グレード体系を採用。V40は5グレードから7グレードに、V40クロスカントリーは4グレードから6グレードに拡大し、顧客のニーズにきめ細かく対応する。

価格はV40が339万円から455万円。V40クロスカントリーが354万円から459万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月5日(火)19時31分

レスポンス