ここから本文です

ロンドン五輪バンタム級銅メダルの清水聡 プロ転向を発表

デイリースポーツ 7月5日(火)16時45分配信

 ボクシングの大橋ジムは5日、12年ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水聡(30)のプロ転向を発表した。29日にプロテストを受験し、9月に6回戦デビューを予定している。

 大橋秀行会長、松本好二トレーナーとともに会見に臨んだ清水は「リオ(五輪)を断念して、(20年の)東京も考えていたが年齢的にもモチベーションがなくなった。新たなステージ、プロでやっていきたいと思った。人生は一回きり、そう考えたことが大きい」と、プロ転向を決断した理由を明かした。

 大橋会長は「まず体格。長身だし、左ストレートのすごさがある。目標として、2年後に世界チャンピオンにしたい。同じサウスポーの松本トレーナーを専任にして、3人で力を合わせて世界を目指します」と力を込めた。デビュー戦の内容次第では、12月に予定する第2戦で「世界ランカーとの対戦もある」と期待する。

 勤務先のミキハウスは4日付で退社し、プロボクサー一本で勝負に出る。「お世話になったアマの方々やミキハウスへ恩返しするためにも世界王者になりたい」と誓った。2013年3月には、銅メダルを紛失(後に自室で発見)騒動が印象的だが「世界チャンピオンになったらベルトはなくさないようにします」と笑顔を見せた。

最終更新:7月5日(火)17時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]