ここから本文です

在韓米軍戦友会 年内発足へ=初代会長に元司令官

聯合ニュース 7月5日(火)15時56分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国に勤務した経験のある米軍人らによる在韓米軍戦友会(KDVA、Korea Defense Veterans Association)が年内に発足する。初代会長にはシャープ韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官)が内定した。韓国国防部関係者が5日、伝えた。

 朝鮮戦争以降、韓国で勤務した米軍兵士は約350万人。KDVAが結成されれば、米国内最大規模の強力な韓国シンパ組織となり、韓米同盟の強化に重要な役割を担うと期待される。

 現在、シャープ元司令官をはじめ、ラポート元韓米連合軍司令官、サーマン元韓米連合軍司令官らを中心に創設に向けた準備が進められている。

 韓国当局もKDVA創設を実務的に支援している。

 創設の趣旨に賛同する米国と韓国の企業、経済団体により基金が設立されるという。

 KDVAは元在韓米軍兵士の子どもに対する奨学金支給や、朝鮮半島関連の安保セミナー開催などの事業とともに韓米同盟強化に向けさまざまな行事を実施していく予定だ。

最終更新:7月5日(火)16時2分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。