ここから本文です

木嶋のりこ 男に乱暴に扱われ「私の中の変態心に火がついた」

東スポWeb 7月5日(火)20時44分配信

 グラビアアイドルの木嶋のりこ(28)と間宮夕貴(25)が5日、都内で行われたダブル主演の映画「屋根裏の散歩者」(シネマート新宿で23日公開)の完成披露試写会に出席した。

 日本推理小説界の巨星・江戸川乱歩の作品の中でも人気の高い名作「屋根裏の散歩者」が原作で、若き医師の死をめぐるおぞましくもエロチックな事件の真相を描く作品だ。

 2人はともにオールヌードで大胆なベッドシーンに臨んでおり、木嶋は「男性との絡みが初めて。今までは女性との絡みだけだった。今回は男性から畳に投げつけられて鼻血が出たりと、ベッドシーンとはちょっと違う感じだった」と撮影を振り返った。

 ただ、乱暴に扱われたことで「私の中の変態心に火がついた。もともと変態心はあると思っていたけど、男性といろいろな絡みをしたことで、また違った興奮がふつふつと湧き起こってきた」と喜びをも感じたという。

 一方の間宮は「これまでの作品では乱暴に扱われることが多かったのに、今回は全然違った。やさしく抱かれるだけだったが、その喜びを味わった」と話し、会場を盛り上げた。

最終更新:7月5日(火)20時44分

東スポWeb