ここから本文です

大竹しのぶ さんま「後妻業」に狙われそう…ダマされたら「笑う」

デイリースポーツ 7月5日(火)18時47分配信

 女優・大竹しのぶ(58)が5日、大阪市内で主演映画「後妻業の女」(8月27日公開)の会見を行った。

 作品の舞台となった大阪市の道頓堀川を航行する遊覧船で会見。関西弁の演技で専門家の方言指導を受けたという大竹だが、共演の笑福亭鶴瓶(64)に「めっちゃ、うまかったよ。関西弁しゃべる人と付き合ってたんちゃうか?」とネタにされると、大竹は「付き合ってないです。記憶から抹消してます」とニヤリ。

 同作は、大竹演じる小夜子と結婚した高齢資産家が次々に不審死を遂げる物語。報道陣から、記憶から抹消されているという元夫の明石家さんま(61)に関して、後妻業にダマされやすいタイプかと聞かれると、大竹は「狙われるかもね。ダマされるかもしれないですね」と分析した。さんまは、最近も自らハニートラップの被害を告白しているが、心配か?との質問に大竹は「いや全然。心配はしてないです。ダマされたら笑います」と笑いを誘っていた。

 鶴瓶も「あいつ案外、人がええからダマされやすい。ダマされそうにないように見えてて、ものすごい、一番最初にダマされるんと違いますか」と語っていた。

最終更新:7月5日(火)19時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。